2017年9月24日日曜日

特殊はりの曲げモーメントを計算する手法(両端固定)

USA Stress Analysis Manual(NTIS)参照
http://www.dtic.mil/dtic/tr/fulltext/u2/759199.pdf
上図の分布状態のはりの曲げモーメントは右側の図の計算式を利用するとよい。多次関数化することで、積分計算が比較的容易になる。
http://www.wolframalpha.com/
http://m-sudo.blogspot.jp/2016/03/blog-post_14.html

最小二乗法に関しては下記URL参照。
http://skomo.o.oo7.jp/f20/hp20_2-3.htm
http://m-sudo.blogspot.jp/2017/09/webvba.html

0 件のコメント: