2009年5月22日金曜日

流体内保護管の振動対策例


画像は下記URLより引用 (株)岡崎製作所
http://www.okazaki-mfg.com/tec_info/Thermo_Well.pdf
1995年のナトリウム漏れ事故を起こした高速増殖炉「もんじゅ」の事故原因は液体ナトリウムの温度計測器の破損が原因とされている事故はいまだに記憶に新しい。流体内に差し込んだ管体の強度計算の重要性は理解できるが、その計算方法はしっかり確立しておくことが必要。先ずは、共振による破損を防ぐ構造例。紹介pdfの全容の一読を勧めます。

下記より取得可能
http://m-sudo.sakura.ne.jp/soft_data/kikaisekkei_data/Dounen_Jiko_Taisaku.pdf

0 件のコメント: