2009年2月11日水曜日

HONDAの意欲 インサイト 燃料電池

画像の引用元は下記
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0420090211aaab.html(日刊工業新聞URL)



画像は本田技研工業株式会社のURLより引用しました。おそらく現在最も現実的な環境対策車としてはハイブリッドシステムが掲げられます。同様にトヨタ自動車工業もその方向を示しています。トヨタはまだWEB上で大々的にPRはしていませんが、USAで実績があります。環境対策車としては他にEV電池自動車が掲げられていますが、ニッケル系、リチウム系電池自動車は環境対策車としてはまだ先の話と思います。フォークリフトなどで先行している現実はあるのですが、貴重な資源を大量に消費する問題点が大きすぎます。リチウムなどは本来、携帯電話、家電製品に適用するべきものでしょう。この分野にも本当は燃料電池が機会を伺っているのが現実です。太陽電池との複合発電システムとして自家発電、空調にも燃料電池技術が拡がりつつあることも考えるとやはりリチウム電池依存のEVには限界があると思います。さらにいえば燃料電池開発の関連書籍が書店に並びだしている現実もあります。インサイトは燃料電池系ではないと思いますが、そのつなぎとしての位置付けであってもインパクトは大きいとみています。それと重要なことですが、長年自動車産業を支えてきた鋳造技術メーカーへの技術切換えへ向けた時間的なスパンも考慮すべき観点とみています。

0 件のコメント: