2009年2月27日金曜日

圧力容器設計の一端


上図中、tを求める計算式中のμについては
円筒銅板の溶接継ぎ手の効率    η = 0.6 を適用します。

画像は下記URLからの引用です。
http://www.nmri.go.jp/eng/khirata/list/others/design2007.pdf
このPDF全体は設計のベテランでも読み物として一読をお勧めします。設計理論として極めて常識的な見方ですがこのような基本的な設計論を軽い気分で構わないので読み返すと新しい発見を見出したりします。シリンダーに見られる圧力容器のふたの厚さが記載されていますが、さらには、ここの溶接開先の形状設計はどのようになるのだろうとか、イメージを膨らましてみましょう。圧力容器の溶接開先の基準に関しては後日紹介したいと思います。

0 件のコメント: