2009年2月26日木曜日

歯車のモデリング(Pro/E)



図面と自動作画を行なう場合、歯車の断面図作成に不具合をきたさない一つの方法は、歯の断面描画部を厚さ0.1mmの空洞にすることです。メカニズムでの干渉チェック、FEM解析、取説の立体図でもない限り歯そのもののモデリングの必要性はあまりないと思います。
参考URLは下記参照。
http://m-sudo.blogspot.com/2008/05/blog-post_26.html

0 件のコメント: