2009年2月10日火曜日

PIPEの最小曲げ中心半径


画像は下記URLより引用しました。
http://1st.geocities.jp/mtdiw_co/kyokusyou.html
画像のように配管用パイプの最小曲げ半径が配管径相当まで可能になっています。ベンドメーカーの技術力によって画像のような実例があります。(図は松田製作所のURLより)内部流体が高圧でない場合に利用すること。中高圧の場合は最低でも配管径の2.5倍が必要になります。(極小曲げPIPEは油圧などには利用は不可)。曲げ半径はパイプ曲げメーカーに相談して決めることが無難です。配管設計時は折り曲げ時の直線つかみ代にも配慮しましょう。ベンドメーカーであればこのあたりの情報は相談すれば提供して頂けると思います。配管用PIPE曲げは製品コスト高の主因の一つなのでこのあたりもよく吟味するべきでしょう。

0 件のコメント: