2008年12月11日木曜日

URLに流れている情報


インターネットで公開されている情報。材料の曲げ疲労限度のデータです。どのように使えるかは皆さん独自で関連文献を調べてください。疲労限度などのデータは日本機械工学会刊行の書籍に記載がありますが、これらの文献などで裏を取ってその上で利用しないと大火傷を負います。日本機械工学会刊行金属材料 疲労限度の設計資料 などは必携の資料です。高価ですが技術に志があれば決して高価ではありません。画像のデータはJGMAの規格をベースにしているようですね。しかし、実際の利用には規格原文による検証が必要です。

0 件のコメント: