2008年12月25日木曜日

二分法--数値演算


画像の引用元は下記URLです。
http://www.math.kobe-u.ac.jp/~noro/jk/node31.html
普通線形代数の関数の方程式を求めるとき、一意の式で解が表現できないとき、数値演算に頼りますが、求解の速度からニュートン法が利用される。関数の微分表現が定まらない場合や、求解に不安定さを伴う場合は、多少の時間がかかっても二分法を利用するとよい。コンピュータの処理速度が劇的に高くなった現在、さほどストレスなく解が求まります。当方の平歯車歯形策定ソフトではニュートン法、二分法共に利用しています。

0 件のコメント: