2008年12月17日水曜日

修正グッズマン線図(ISO)


以前にも同様の線図の使い方を紹介しましたが、ISOによる修正グッズマン線図とのことです(以前の紹介した記事と同じですが、こちらはUKのURLからの引用)。画像中央の凸直線部の利用が薦められるかもしれません。私はピアノ線のデータでこの手法で作成した表を利用していました。より安全にはSoderberg Lineの利用がよいのかもしれませんが、安全すぎるのは、かえって設計的に不安要因を増やす結果になります。
追記 画像の引用元はhttp://www.roymech.co.uk/Useful_Tables/Fatigue/Stress_levels.htmlです。

0 件のコメント: