2008年8月18日月曜日

樹脂金型の動作原理

画像は下記URLより引用しました。
http://www.sin-phothong.com/mold/
基本的な樹脂金型の動作の仕組みを数例、アニメで紹介しています。樹脂金型の設計自体は基本的にはパターン化されており、そこからさらにどうしたら、短工数で、コストダウンが図れるか、が、金型設計者の腕のみせどころのようです。溶融樹脂の特性などインターネットの普及に連れて、これもノウハウから一般知識へと変りつつあるようです。といっても、金型設計は未経験なので断定するだけの勇気はありません。しかし、100円ショップに並んでいる商品を眺めながらこの金型はこんな構造と想像することも設計の訓練になります。イメージの範囲としては通常はサブマリンゲート、タブゲートを中心に冷却の水路設定までイメージします。スライドコアには内部、外部方式とありますが、このあたりは特許があっても特許が効かない感じですね(無責任かもしれないが現実と思います)。

0 件のコメント: