2008年6月11日水曜日

形状記憶合金の利用


形状記憶合金の応用はもしかしたら特許関連が多いので応用例を調べる時、特許調査は欠かせない。逆にいえばそれだけまだまだ応用開発の余地はあるかと思う。工業材料力学面からの強度などの課題については」、現在利用されている例から類推することは形状記憶合金の場合有力な手法かもしれない。必要があれば各県に所在する工業技術院(産業開発センター)に実験を依頼することも必要だろう。
画像は形状記憶合金の活用例。引用は下記URLより。
http://www।actment.com/sma_ouyo.
本図を眺めているとプラスチックのバルブ容器の利用から利用応力を推定できるかもしれないですね。ここのURLにはばねの設計資料もある。繰り返し応力をうけるバネの応力などは個人的にはJIS規格は利用し難くて結構ここの疲労限度曲線のようなものを自作して利用している。静的なバネの応力の策定の仕方の説明も合理的です。

0 件のコメント: